火. 6月 25th, 2024

スキルシェアリング.info

さまざまな問題にITスキルで立ち向かうITソリューションブログ

【Python×業務自動化】Excelを起動する【RPA】

業務自動化を目的としたPythonサンプルコード記事です。使い方のイメージと、サンプルコードをセットに公開しています。難しい用語の解説は控えめに、まずは動かしてみたい人向けのコンテンツです。

はじめに

どうもMizokeiです。今回は、Pythonを使用した「業務自動化シリーズ」を書いていきます。

主に業務を自動化する目的のサンプルコードを紹介していこうと思います。本記事の実行環境は以下です。

実行環境

  • Windows10 64bit
  • Python 3.7

使用するライブラリ

また、今回のサンプルコード使用するPythonライブラリは以下です。

追加ライブラリのインストール方法が分からない場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

前提

まず、起動するExcelファイルを準備しましょう。Pythonスクリプトと同じ階層です。

起動するExcelファイルを準備

次に、定数を設定する際に、準備したExcelファイル名を拡張子とともに宣言しておきましょう。

宣言した変数は以下のコードで使用しています。パスを変更する際は、文字列に注意しましょう。

使い方のイメージとサンプルコード

「業務自動化シリーズ」では、サンプルコードを紹介するだけでなく、その使い方を例に紹介します。普段の、主に業務の中で、使えそうなコードがあればぜひ利用してみてください。

※動かすことを目的とした記事です

とりあえず、動かしてみることが目的なので、専門用語などの難しい話は、別途参照書などを御覧ください。

使い方のイメージ

今回のサンプルコードは、以下のような際に利用できるかと思います。

  • そのほかのRPAツールと連携したい
  • 自動化したいけど立ち上げるだけで良い
  • Excelを手動で起動したくない

サンプルコード

以下、サンプルコードの全文です。